"クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(10)"の作品情報

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(10)

宅飲みでラブラブ。クリスマスのホテルでラブラブ。

俺の脚のあいだにすわりながら、麻友はこくこくとビールを飲んだ。
飲んでいるものは酒だけど、その仕草は無邪気な子供のよう。
艶めく黒髪は撫でるたびに手に馴染む。
うしろから抱きしめるような姿勢のせいで麻友のにおいを感じる。石鹸の匂い。シャンプーもボディソープも俺と同じものを使っているはずなのに、俺よりもいい匂いな気がする。
俺は空になった缶を手放して、麻友の腰のあたりをぎゅうと抱きしめた。
「なんですかぁ?」

宅飲みでラブラブ。さらに、クリスマスにはホテルディナーからの宿泊でラブラブ。
ふたりの時間を堪能しまくる大人気ラブコメ、愛爆発の第10巻!

無料立ち読み

この作品をつぶやく

関連作品

人気のキーワード

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間
【コミック版】えっ、転移失敗!? ……成功?
カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験
クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(11)
イトムスビ(2)
天才乙女は敗北したい 異世界で調教師始めたら変態マゾしか来ない件