"アヴァロンの迷宮 可憐な美姫たちが僕の媚薬精液をおねだりする話(1)"の作品情報

アヴァロンの迷宮 可憐な美姫たちが僕の媚薬精液をおねだりする話(1)

「だったら、あなたが魔物の代わりに私のこと、孕ませてください――」妖精姫は王子に指を伸ばして、哀願する。砂漠の民が水を望むかのように、甘く痺れる精液を。

「見合い相手としてふさわしい知的で高潔な魔物をご存知でしょうか?」ルセニア王国の使者が神官国家サグラードに持ち込んだのは、そんな異様な質問だった。サグラードの末裔として魔の血を継ぐ王子フェルナンドが彼の国で邂逅したのは、魔物との性交を渇望する第一王女ナターリエ。「だったら、あなたが魔物の代わりに私のこと、孕ませてください――」彼女との交流のすえ、精液を渇望されたとき、ヘタレでSっ気を秘めた第一王子は自分の肉体と体液に宿る秘密を知る──。

妖精姫は求める。砂漠の民が水を望むかのように、甘く痺れる精液を。王子は与える。羞恥と哀願の果ての快楽を。

アヴァロンの漆黒が終焉を迎えてから幾年月。これは、アレクシスとファティマのあいだに生まれたひとりの王子の物語。

●巻末特典:
本シリーズの前日譚『アヴァロンの迷宮 純粋無垢な姫巫女を俺の触手○○○の奴隷にする』1~2巻のライト版を同梱(書き下ろし番外編を除く本編をまるごと収録)

「いやらしい顔になってきたな?」昼はダンジョン攻略、夜は無垢な姫巫女を奴隷にする快楽調教──。「小説家になろう」の男性向けサイト「ノクターンノベルズ」で700万PV突破の姫巫女調教ファンタジーにイラストと大幅加筆修正を加えた電子書籍版!

無料立ち読み

この作品をつぶやく

関連作品

人気のキーワード

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間
えっ、転移失敗!? ……成功?(10)
離島へ留学したらホストファミリーがドスケベで困る