「カレー沢薫の淫モラルなラノベ体験」第5回「テレポートフェラ」──『社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに』

カレー沢薫先生の人気連載!
SNSで人気の漫画家がオシリス文庫の個性的なエロを切れ味するどく語ります!

(編集部注:コラム本文でオシリス文庫の刺激的な挿絵が登場することがあります。周囲にはお気をつけください)

エロコンテンツにおける「フェラチオ」というのはセクロスという名のハンバーガーに対するポテトみたいなもので、もはや「言わなくともついてくる」くらいの認識なので、わざわざ「この作品にはフェラチオがあります」などと書かれているものの方が少ない。

ちなみにソース不明のネット情報によると、洋ピンAVのエロバリューセットには「アナル」も標準装備として入っており、どの作品を見てもほぼアナルセックスが出てくるので、わざわざ「アナル」と検索する必要はないらしい。

逆に言うと、アナルが地雷な人が洋ピンに挑むとほぼ100%爆死するということなので、気をつけた方がいいということだ。

そんなふうにエロには外せないものとなりつつあるフェラだが、やはりセクロス前の前菜というイメージであり、尺が短いエロ漫画とかだとやらなかったり「一応やったからな!」という申し訳程度だったりするものが多く、撮影スタッフの「巻きで」というカンペが見えてしまっている。

その点「前戯をしつこくやれる」というのはエロ小説の優れたところである。
漫画に比べ小説はお時間に余裕があるため、前戯どころか世界観の説明や、行為に至るまでのキャラクターの心情の動きなども書けるし、エロいことは起こるけど本番には至らず「また来週!」などという焦らしを入れることもできる。

それをページが限られた漫画でやると肝心のセクロスが2ページくらいになってしまうので全ての説明を「ここがセックスランドか」のひと言で終わらせているものもある。

そういう手っ取り早いのもありがたいが「侘び寂びがない」「過程を大事にしてほしい」「そんなに急に挿れるんじゃあない」と思うこともなくはない。

その点、小説は世界観の理解や、キャラへの感情移入にかける時間に余裕もあり、焦らされたぶんだけゴールした時のカタルシスも大きい。
これだけエロ漫画やAVのビジュアルが進化しても、ほぼ文字だけの小説がなくならないのは「じっくり想像しながら楽しめる」というエロ小説ならではの魅力があるからだろう。

そんなエロノベルでは、挿入以外、セクロスのおまけにされがちなフェラチオにもこだわりを見せる余裕がある。
今回は、そんなちょっと変わったフェラチオが登場する作品を紹介する。

「テレポートフェラ」

ちょっと、というレベルではないやつが出てきた。
テレポートというのはいまだ人類が実現させていない夢の技術である、それをフェラに使ってしまっていいのだろうか。

このテレポートフェラが出てくるのは『社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに』というシリーズの4作目である。


この作品は、“亜人”ことモンスター娘たちが結婚相手を探して地球にやってきたという設定で、会社員である主人公「滝本新(あらた)」は、地球で暮らすようになったモンスター美女たちと次々深い仲になっていくという、いつもながらラノベ主人公の順応力の高さには恐れ入るお話である。

モンスター娘と言われたら一瞬身構えてしまうが、絵を見てもらえばわかるとおり、パッと見は人間と変わらない可愛い女の子たちなので、特別上級者向けというわけではない。

しかしモンスターはモンスターであり、第1巻に登場するのは「ミリア」という名の「ラミア」、つまり下半身がヘビの女子である。
この時点で、どこにナニをアレするのか気になって仕方ないだろう、ちなみにラミアは尻尾が性感帯だそうだ。
ヘビはみんなそう、というわけではないので、マムシとかに出会っても「性感帯を責めて助かろう」と思ってはいけない、この物語はフィクションである。


さて、件(くだん)のテレポートフェラだが、してくれるのは「のっぺらぼう」のお嬢様「東条紀更(きさら)」だ。

のっぺらぼうとは目も鼻も口もない日本の妖怪である。
「じゃあフェラしてもらおうかな……って口がないやんけ!」というノリツッコミをしてほしくて言っているわけではない。

フェラ以前にのっぺらぼうとセクロスするのはちょっと、と思うかもしれないが、紀更にはメガネ美女の顔もあり、それが取れたりする、という、着脱式のっぺらぼうなので安心してほしい。

顔のパーツが取れることなんて誰も美女に期待していない、と思うかもしれないが、その特性を生かして繰り出されるのが「テレポートフェラ」である。

つまり口だけをパンツの中にテレポートさせ、フェラをすることができるのだ。
これならいつでもどこでも、周りに気づかれずにフェラできるという画期的なお口奉仕である。


普通に、「のっぺらぼう→顔が取れる→フェラチオだ!!!」となる発想力がスゴい。

このようにモンスター娘たちの特徴を活かし、現実では不可能なプレイを楽しめるのが本作の魅力だ。

ほかにも吸血鬼やケモ耳娘、触手っ娘なども出てくる。女子が触手に責められるというのは親の顔より見てきたと思うが、逆に女子が触手だとなにが起こるのか、気になるところである(編集部注:オナホールのような触手できゅぽきゅぽ精液を搾り取ってくれます)。

ちなみにタイトルに「ハーレム」とついているように、一応ラミアが本命ヒロインでありながら、主人公は出会うモンスター娘とかたっぱしから関係を持っていくが、特にそれで刃傷沙汰(にんじょうざた)になったりはしない。
モンスター娘たちが本気で男を取りあったら、人間なんてたやすく八つぐらいに分かれてしまうだろう。平和でなによりだ。

現実世界でも一夫多妻制とかハーレムの存在する地域はあるが、全員の生活の面倒を見たり、妻同士殺し合ったりと、そんなに楽しいだけのものではないらしい。

もしかしたら、モンスター娘が地球にやってきた、という設定よりも「平和的ハーレム」の方がよほどファンタジーなのかもしれない。

●編集部からのお知らせ
『社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに』最新9巻は本日(2020年7月17日)発売です! 新刊発売を記念して【先着100名様】に1巻を無料でプレゼントしちゃいます。リンク先にコード「2553」を入れて、読んだら感想を #亜人ハーレム でつぶやいてね! 7月31日までの期間限定です!→【◇応募はこちらから!】

著者紹介

  • カレー沢薫

    カレー沢薫

    漫画家兼コラムニスト。2009年に『クレムリン』で漫画家デビュー。近年は切れ味するどいコラムでも人気。『ひとりでしにたい』『負ける技術』『生き恥ダイアリー』など著書多数。一日68時間(諸説あり)のツイッターチェックを欠かさない。

オシリス文庫紹介

連載一覧

第6回以降の連載目次はこちらから
2020/7/17
第5回「テレポートフェラ」──『社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに』
2020/7/3
第4回「壁爆乳」──『となりのおっぱいさん 俺んちのクローゼットの壁から爆乳が生えているんだが』
2020/6/19
第3回「バーチャルサキュバス」──『耳の奥から癒しちゃう♪ Vtuber夢魔ぺろりの耳かき、耳舐めダイアリー』
2020/6/5
第2回「触手エステ」──『モンスターセラピー! カラダの悩み、この子たちにお任せください』
2020/5/22
第1回「全身貞操帯」──『ヤンデレ姫と女騎士と淫らな全身貞操帯』

『社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに』既刊紹介

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(1)

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(2)

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(3)

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(4)

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(5)

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(6)

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(7)

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(8)

  • 社会人が築く亜人ハーレム 糖度200%のエッチなラブコメをあなたに(9)